食事の影響を受けない?|レビトラは勃起不全を改善してくれる?噂を徹底解明!

食事の影響を受けない?

pill in the hand

一般的なED治療薬というのは非常に食事の影響を受けやすいという特徴があります。
そのため、食前の空腹時に飲まないと本来の高い効果を発揮できないと言われています。
せっかく安くても1錠1,000円以上もする薬を服用しているんですから、本来持つ効果を存分に発揮してほしいですよね。
特に食事の影響を受けやすいED治療薬として有名なのは、世界初のED治療薬であるバイアグラです。
バイアグラは服用してから最短30分で効果が現れると言われていますが、空腹時以外に服用してしまうと1時間ほどかかってしまうそうです。
そんなバイアグラの次に発売されたレビトラは、食事の影響を受けやすいバイアグラの弱点を補う薬として、全く食事の影響を受けないという噂があります。
しかし、この噂は真実ではありません。正しくは「食事の影響をほとんど受けない」です。
食事の影響を一切受けないわけではありません。
レビトラの主成分であるパルデナフィルは他のED治療薬に比べて水に溶けやすいという特徴があるため、吸収が早く、食事をとった後でも高い効果を発揮すると言われています。
しかし、この食事があまりにも脂っこいものになると、胃に油膜が張ってしまうので、レビトラの成分の吸収を阻害してしまうんです。
油分の少ないあっさりした食事を適量食べる程度であれば、ほとんど食事の影響を受けずに効果を発揮してくれます。
レビトラは服用してから最短15分で効果を発揮する、非常に即効性に優れた薬ですが、
最短で効果を発揮させるためには、空腹時を狙って服用する必要があります。